バリアフリーの種類

バリアフリーの種類

バリアフリーには、さまざまな種類があります。最もわたしたちの目に触れるものは、物理的な障壁を取り除くバリアフリーでしょう。物理的な障壁を取り除くバリアフリーには、主に車椅子の方向けと、視覚障害を持つ方向けのものがあります。車椅子の方向けでは、例えば、手すりや段差の解消、スペースの広いトイレ・エレベータなどの入り口、車椅子利用者用向けの駐車スペースなどがあります。また、段差の解消のためのバリアフリーは傾斜路(スロープ)、低床バス、ノンステップバス、超低床電車など豊富にあります。

視覚障害を持つ方向けのバリアフリーは、指で識別できる点字や容器・包装の改良(ユニバーサルデザイン)、電子チャイム、蛍光などで目立たせた公共表示、人工肛門・人工膀胱保有者(オストメイト)の方向けのトイレなどがあります。容器・包装の改良(ユニバーサルデザイン)では、シャンプーの容器の刻みや缶飲料の点字、牛乳パックの扇状切欠きなどがあります。

ほかにも、サービスなどではあまり確立されていないものの、文字放送や手話放送などのコミュニケーションによるバリアフリー、観光のために多国籍言語を表示させる言語によるバリアフリーなどがあります。

    注目情報

  • まだ原因などが解明されていない尋常性乾癬 治療をお考えなら、食生活を改善し化学薬品を取り除くことで改善が見られています。

Copyright(C) バリアフリー All Rights Reserved.