交通バリアフリー法

交通バリアフリー法

「交通バリアフリー法(高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律)」とは、鉄道やバス、飛行機などの公共交通機関をバリアフリーにするための法律のことです。2000年11月15日に施行されたものの、2006年12月20日の「バリアフリー新法(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)」の施行にあたり、廃止されました。

交通バリアフリー法は第1条で、高齢者や身体障害者の方が高齢社会により増加したことから、日常生活や社会生活を保護する重要性が増したため、そのための福祉を増進することを目的としていると記述しています。また、第2条での定義において、「高齢者」、「身体障害者」とは、日常生活や社会生活が身体の機能上の問題により、著しく制限を受ける者としています。また、「移動円滑化」の定義もされており、高齢者や身体障害者の快適な移動を実現することに重きを置いていることがわかります。交通バリアフリー法自体は現在は廃止されていますが、その政策はバリアフリー新法にしっかりと受け継がれています。

実際の施策としては、駅に車椅子の方でも利用できるエレベータやエスカレータ、スロープなどの設置による段差対策、公共表示の点字などがあります。

    関連サイトのリンク集

  • 脱力感や睡眠障害、頭痛やめまいなどに見舞われる自律神経失調症を鍼治療で改善するなら、病状の程度にあわせて鍼の刺激量を調節し、日々変化する症状に対して最適な改善方法を行なってくれるのでオススメです。

Copyright(C) バリアフリー All Rights Reserved.