点字ブロックとは

点字ブロックとは

点字ブロック(視覚障害者誘導用ブロック)とは、視覚障害を持つ方の歩行を安全に誘導するために地面や床に敷かれているブロックのことです。また、安全交通試験研究センターの登録商標は「財団法人安全交通試験研究センタ-の点字ブロック」であり、「点字ブロック」ではありません。

1965年、安全交通試験研究センターの初代理事長、三宅精一が知人の失明を機に発案し、1967年に世界初の点字ブロックが国道250号(当時は国道2号)に敷かれました。それから現代につれ、公共施設においてわたしたちが必ずといっていいほど見かけるようになるまで、点字ブロックは普及されていきました。

点字ブロックには、突起が平行線になっている移動方向を誘導するための「誘導ブロック(線状ブロック)」と突起が四角く密集している危険地帯を示す「警告ブロック(点状ブロック)」の2種類があります。警告ブロック(点状ブロック)は、誘導ブロック(線状ブロック)の道が曲がったり、行き止ったりするときに敷かれます。

以前は、自然に地面や床に溶け込むような灰色が主流だったものの、軽度の視覚障害を持つ方にわかりやすくするために、目立つ黄色が点字ブロックの主流に変わりました。

    人気ランキング

  • 超高分子ポリエチレンなどを使用し、傷口が小さく痛みも少なくて済む人工股関節を名古屋で手術するなら、筋肉や腱へのダメージを最小限にとどめるため、早期社会復帰が可能なのでオススメです。

  • 安心のクオリティでコリをほぐしてくれる下北沢 マッサージを探しているなら、お手頃な価格で深夜2時まで対応してくれるので、仕事で忙しい方でも疲れを癒してもらえるのでオススメです。

Copyright(C) バリアフリー All Rights Reserved.