アクセシビリティとは

アクセシビリティとは

日本において、よくバリアフリーと混同されるアクセシビリティですが、これはどういったものなのでしょうか。アクセシビリティとは、障害者や高齢者の方も含めて、あらゆる製品や建物、サービスなどを容易に利用できるかの度合いのことです。アクセシビリティは一般的にウェブアクセシビリティ(閲覧が困難な不自由さを持つ閲覧者に対する閲覧保障性)と同じものとした扱いを受けるものの、閲覧に不自由のある閲覧者だけでなく、もともとの意味は多くのハードやソフト、操作機器などの閲覧環境への対応度のことです。

日本のIT業界においてはユーザビリティに近い言葉として利用されることがあり、コンテンツが多くの情報端末などから閲覧可能であることを意味します。アクセシビリティは障害者や高齢者の方など、特定のカテゴリーの方だけでなく、社会生活者の方すべてが対象の言葉であり、日本で使用されるバリアフリーと意味合いが酷似しています。

また、あらゆる障害を持つ方々の尊厳と権利を保障するための人権条約である「障害者権利条約」が発効されると、障害者の方への支援技術を用いているユーザーが、その製品や建物、サービスなどを利用可能かがたびたび議論されるようになりました。

    Copyright(C) バリアフリー All Rights Reserved.