バリアフリーの定義

バリアフリーの定義

国連障害者生活環境専門家会議報告書のバリアフリーデザインにおいて、肉体的な障壁を「物理的障壁」、精神的な障壁を「社会的障壁」として分類しており、社会的にそういった障壁への対策の意識を持つことが大切としています。バリアフリーデザインでは、Mr.Averageという架空の人物を例えにあげ、そのような障壁が作り出される原因は、Mr.Averageのような実在しない人からのニーズのために障壁が作られているからだと指摘しています。また、Mr.Averageは肉体的な広い適応が可能である時期の「壮年期の男性」の象徴であり、統計的に見て、小数の人しかなりえないものとされています。

上記のことから、バリアフリーデザインでは、障害者や高齢者のみの社会的弱者を対象にしているわけではなく、また障害の存在を前提にしているわけでもありません。バリアフリーは一般的に物理的な障壁をターゲットにしている場合が多いものの、通常の社会生活が困難な方でも安心して社会参加ができるような町を目指すという概念のため、周囲の健常者の方による気配りやバリアフリーの恩恵を受ける方の精神的余裕など、バリアフリーを達成するためには全体的なことが必要になってくるのです。

    人気サイトのリンク集

  • どんな症状でも治してみせると初診時に宣言している超一流の治療技術を持った関西のにきび専門のクリニックを探しているなら、症状の緩和ではなく完全根治を目指せる上に、リピーターもかなり多く実績は確かなものがあるので、もし困っているならお勧めします。

Copyright(C) バリアフリー All Rights Reserved.